パララックスを使ったWEBサイトの制作についてCategory : WEB制作

私たちの主なクライアントは博多や東京のお客様です。
そのクライアントからの要望でWEBサイトを作るのが日々の業務の大半ですが、要望が多いのがレスポンシブ(スマートフォン対応)やワードプレスを使った更新可能な作りです。

 

それに次いで多いのが・・・パララックスですね。今見てるこのサイトでもちょっとした奥行を出したくて使っております。
このパララックスは色々な動きがあります。本当に大きくWEBサイトの印象が変わります。

 

技術的な事はこの記事では割愛しますが、思いのほか大変です!
何が大変かと言いますと、やはりキャリア毎のブラウザによって動きが若干変わったり、変にカクカクしたりするんですね。
対応ブラウザが多い案件となるとかなり厳しい部分が出て来る事もあります。
PCでもスマホでもどんなブラウザでもまったく同じようなスムーズな動きが出来ればいいのですが、パララックスの仕様によってはどうにもならない場合もあります。

 

そういった場合、クライアントに説明した上で主に以下の方法での対処を行っております。

 

ブラウザ毎に動きを変える
※今見てるサイトはこの方法です)

 

この方法だとやはり時間はかかります。
ほとんど使われていないブラウザは無視してもいいですとお客様から言われる事の方が多いです。
他のサイトを参考に見ても、他のサイトも無視してるようですし。

 

でも気になるんですよね

 

ですのでこの部分に関しては特に費用も頂く事なく上記の対処方法をとっております。
納品して公開されたサイトで気になる部分があると、ず~~っと気になってしまいますのでw

 

ほとんどの人が気がつかない作業部分だと思いますし、テストを行うだけでもかなりの時間がかかってしまいます。
しかし基本的に私やコーディング担当もパララックスが好きです!

 

もし福岡・博多のWEB制作会社にパララックス依頼したい方がいましたら、初期費用無料のWEBサイトにも実装は行えますので、ぜひ一度ご相談ください(´∀`)

Pic up contents