クラウドソーシングについてCategory : WEB制作

近年よく聞く言葉にクラウドというのがあります。今更クラウドソーシングについては検索すれば多数出てきますので説明は割愛します。

 

特に私たちのWEB制作においては、活用してる方が多いですね。
実際私も人手が足りない時にはよく使っておりました。
私の場合当初からクラウド系サービスを利用しておりましたが最近はあまり利用しておりません。
利用するにしてもかなり限定的な利用となっております。

 

私の業種(WEB制作)のメリットとしては

 

・急な案件で人が必要な時にすぐ見つかる
・SOHOや副業の方が多く単価が比較的安い
・WEB制作の下請けが多い

 

という点になります。逆にデメリットとしては

 

・連絡がつながりにくい人が多い
・スキルに相当な差がある

 

この2点が比較的目立ちます。一応過去の作品も確認した上で作業を任せる事になるのですが、本当に過去の実績はその人が作ったの???と思うことがあります。
それぐらい作業スキルが低い場合が多いです。実際はグループでやってる人も多いので、作業担当によってはかなりガッカリする事もしばしば・・・
これは私だけではなく、周りの人達と話しててもほぼ同じように感じてるみたいですね。

 

実際運良くお互いの長所がかみ合い、長く付き合ってる人もいます。
ただそういう人は5人に1人でもいればいいかな・・・・という感じです。
たまたま私と同じ博多にいる人は直接の打ち合わせ(飲みw)も行う事が多く、非常にやりやすく感じます。

 

今回こういう記事を書いたのは、他社様からクラウド使ってみようと思うけど実際どうですか?という相談が比較的多いからです。
私の経験からだけの話になりますが、以下のような感じに活用するのであればいいかな?という感じです。
参考になるか分かりませんが・・・

 

・最初の取引はテスト的な小規模作業を任せる
・納期が短い案件を任せて様子を見る
・複雑なJSやCSSの調整は自分で対処するつもりで

 

という感じですね。何しろ急な対応をしてもらえない場合が多いので、いざとなったら自分で対処するぐらいの気持ちの方がいいです。
あ、それとですね、私が比較的クラウドソーシングしやすいなと思うのは、小規模なデザインやロゴ等の作成ですね。これはWEB制作に比べ、視覚的に悪い部分がすぐに分かるので確認作業が比較的行いやすいのと、相手に指示を出すときも楽なのです。
特にロゴ作成とかは、沢山の中から自分の好みのやつを一つだけ選んで、その分の金額だけを払うみたいなサービスもあるのでほぼリスクもありません。しかもかなり安いです!!

 

まあメリット・デメリットをしっかりと見極めて、自分に合った作業の振り方でお互いが長く付き合える方法を確立していくのが大事ですね(´∀`)♪

Pic up contents